emi . com

アクセスカウンタ

zoom RSS パークホテル東京のアーティストルームがすごいのです。そして私は竜に逢う

<<   作成日時 : 2014/02/13 00:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、日本画家阿部清子さんの絵のモデルで呼んでいただいたのですが、今回は特にすごいことになっております。

あ、ちなみに阿部さんの絵が堪能できるパークホテル東京さんでの展覧会ももうすぐ終了(〜2/23)ですので、ぜひぜひご覧ください。

記事はこちら
http://emiko-blog.at.webry.info/201312/article_6.html

でですね、今回は、阿部さんの絵が部屋になりました。

http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html

パークホテル東京さんには、他にもいろいろな画家さんがホテルの壁に絵を描かれているアーティストルームというお部屋がいくつかあるのですが、今回、阿部さんのお部屋が完成したということで!

阿部さんのページ

http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih/04abe/04abe.html

私も少しだけいます。

もうなんというか、私がどうこうじゃなくて、むしろ私関係なく、ホントに素晴らしい絵なので、観に行って、泊まってみて欲しいです。

画像


ちなみに先日NEWS everyでも阿部さんの取材流れてました。

阿部さんのfacebookです。
https://www.facebook.com/kiyoko.abe1



さてさて、今更なのですが、舞台挨拶まで地味に秘密にしていたのですが、さらっと写真載せてしまいましたが、わたくし、なんとかれこれ15年ぶりくらいにショートにしました!



理由?うーんなんでしょうねー。(阿部さんに背中を押してもらったというのも実は大きかったりするのですが。)


切りたいなーという気持ちは実は結構ずっとあったのですが、なんというか、ショートの方が、自分の考えてる事とか素直にわかりやすくみなさんに伝えられるような気がして。

百合役の真っ最中でしたが、なんとなく、百合はロングでパーマでっていうイメージは簡単についてしまったのだけど、それをぶち壊して新しい百合に出会ってみたかったので、切らせてもらいました。


切ってしまうと不思議なもので、髪の毛の長さがそのまま自分の自信のなさだったような気がしたり。


男とか、女とか、そういう事に縛られている自分がすごく嫌で、でもしみついたそういうものってなかなか離れなくて、離せなくて、
そういうことを少し手放せるきっかけになったんじゃないかなーと思います。


手放しつつも、百合の女らしさとか、「女の幸せ」とか、そういうことを受け入れてあげられたのは、成長だったかなと思います。

おかげさまで『子宮に沈める』もまだまだ全国のいろいろなところで公開が決まって、
由希子のイメージではないかもしれませんが、また違ったアプローチで皆さんに作品への想いを伝えられたらいいなと思っています。

わ、こんなに語るつもりなかったのですが、長くなってしまった。

改めまして、これからもよろしくお願いします!

ショート写真を!

画像
撮影の控え室がなぜか教室のスタジオだった。

画像
舞台中イケメンだった日があったので。

共演の和歌ねーさんにいただいたバター餅!おいしすぎましたー!
画像


なんか食べてる写真しかなくて、すごいチョイスになってしまった。
結局最後食べてるし。

写真撮らなきゃ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

LINK

パークホテル東京のアーティストルームがすごいのです。そして私は竜に逢う emi . com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる